読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BitTech

ビットコインを中心に暗号通貨情報を厳選してお届けするメディア

ビットコインについて勉強するには!?オススメのビットコイン関連の本を紹介

ビットコイン アルトコイン ブロックチェーン ITニュース

最近よくニュースでビットコインって聞くけど、ビットコインってどうやって買うの?儲かるの?そもそもビットコインってなに?

という疑問を持っている人もまだまだ多いかと思います。

 

そこで今回はビットコインについて書かれている書籍を紹介します。

(僕がビットコインについて知り始めたときは、書籍はおろかインターネット上にすら情報源が無く、論文を読んだりソースコードを読んだり...今となっては懐かしいです。笑)

現在は、ビットコインについて詳しい方々がわかりやすく書籍にまとめてくださっているので、その中から僕が実際に読んだオススメの書籍を紹介します。

 

ビットコインを中心に仮想通貨について幅広く説明

ビットコインを知る前に、そもそも仮想通貨とは何かについて説明されている書籍を紹介します。

 

「ヤバイお金 ビットコインから始まる真のIT革命」

僕がビットコイン関連の書籍の中で初めて読んだものになります。

ビットコインだけでなく、仮想通貨全般についても幅広く言及されています。

概要以外に仕組みについても説明されているため、少し深掘って知りたいという方にオススメの1冊です。

 

「仮想通貨革命 -ビットコインは始まりにすぎない-」

ビットコインの可能性をいち早く察知し、現在も数少ない知見者としてご活躍中の野口 悠紀雄先生の著書。ビットコインの概要から仕組みまで詳しく説明されています。

ビットコインの何が革命か、ビットコインで何ができるのか、そんな気になる話も記載されています。

 

「FinTech革命~テクノロジーが溶かす金融の常識~」

こちらは日経BPの単行本です。

ビットコイン以外にも、FinTech最前線で闘う実業家のインタビュー記事などが記載されており、非常におもしろい内容となっています。

 

ビットコインの仕組みについて詳しく説明

概要はわかったからビットコインの仕組みについて理解したい、という方向けの書籍を紹介します。

 

「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」

待望の和訳版がついに登場しました。ビットコインの仕組みについて理解したい人は、これ1冊読んでおけばOKという充実した内容になります。 

多少技術者向けの部分があるものの、全体を通して丁寧な説明文で書かれています。

 

「ブロックチェーンの衝撃」 

数少ない知見者達が、それぞれの専門分野に分けて執筆担当した、いま最もホットな書籍になります。

ビットコインを動かす「ブロックチェーン」という技術を中心に言及されており、ビットコインからさらに一歩先に進みたいという方にオススメの1冊です。

 

Kindle版のみ対応

Kindle版のみの対応ですが、かなり良作だと感じたものをいくつか紹介します。

 

ビットコインはどのようにして動いているのか? ビザンチン将軍問題、ハッシュ関数、ブロックチェーン、PoWプロトコル

ビットコインの概要だけでなく、ビットコインの仕組みについても詳細に説明されています。初心者はもちろん、既にちょっとだけ知っているという人にも非常にオススメです。

  

「ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本」

初心者向けにとても丁寧に説明されており、短時間でさくっと読めてしまいます。

全然知らないけど最近よく聞くしなぁ、という方にオススメです。

 

いかがでしたでしょうか?

以上が僕が実際に読んでみて、オススメできると感じたものになります。

ビットコイン関連の書籍は既にいくつも出版されているため、日常の読書タイムにぜひこれらを加えてみてください。

 

僕はまだ読んでませんが、他にも出版されている書籍があるので、以下にいくつか載せておきます!(購入したらぜひ貸してください!笑)

 

「ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現」

「仮想通貨の教科書」

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

ビジネスブロックチェーン ビットコイン、FinTechを生みだす技術革命

ブロックチェーン 仕組みと理論 サンプルで学ぶFinTechのコア技術

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン

 

 

こちらの記事が役に立ったと思いましたら以下のボタンより寄付をお願いします。

寄付していただくと、代わりに「SHACHIKUCOIN」という僕が発行しているオリジナルの仮想通貨をプレゼントしております。

Donate with IndieSquare

SHACHIKUCOINは、有料ブログやビットコイン&ブロックチェーンセミナーなどで使用することができます。

 

 

 

 

 

 

社会人最初のボーナスを全てビットコインに突っ込んだ男の話

ビットコイン ブロックチェーン アルトコイン ITニュース

今回はなんとなく、とりとめもない、くだらない話を書いてみようかと思います。

 

僕は最近一人暮らしを始めました。

初めての一人暮らしに胸を躍らせていた1ヶ月目、

いきなり家賃を滞納してしまいました。

原因は資産状況が”円<ビットコイン”となっており、家賃分の円すら保有していなかったためです。

 

「大家さん、いま円が手元に無いのでビットコインで支払ってもいいですか!これから必ず価値が上がるので持ってて損はないです!」

なんて詐欺師みたいな話が通じるわけもなく、泣く泣くビットコインを円に戻し、支払いを済ませました。

当時のレートはおよそ540$、つい先日過去最高値をつけた時にはおよそ1180$、大家さん。。

(ちなみに家賃以外にライフライン全てで同様の事件が発生しました。)

 

僕はあまり飲みに行かず、洋服も買わず、キャバクラやクラブでハッチャけるといったこともしません。なので生きていくための必要最小限の支出しか発生しないのです。

そんなときは決まって、円をビットコインに変えています。

 

そう、ボーナスも例外ではありません。

 

僕は現在、都内のIT企業に勤めています。

学生時代にビットコイントレードをやっており、正直トレードだけで生活費を賄えていました。ですが、毎日社会と関わらない生活というのは何とも寂しいものです。笑

そんなこんなで社会に出てみたのですが、これはこれでトレードができないので辛いです。煙草は吸いませんが、ニコチン依存性の人の気持ちはこんな感じなのかなと思っております。

 

話は変わりますが、企業に勤めているということは有難いことにボーナスが貰えるわけです。

 

さて、ここで例え話をしましょう。

円に余裕が生まれるとその都度ビットコインに変えてしまう男がいたとします。

そんな男が人生で初めてボーナスを貰った場合、どうなると思いますか?

そうです、彼は全てビットコインに変えてしまったのです。笑

 

今回、彼は国内大手のビットコイン取引所であるcoincheckを利用しました。

こちらはcoincheckの実際の入金画面のキャプションになります。 

 

f:id:tomohiro_tagami:20170110231856p:plain

 

(キャプションの入金金額には00000JPYと記載されていますが、JPYは円のことです。今回は説明は省略します。また、詳細な金額を公表すると会社に怒られそうなので隠させてもらいました。笑 10万円単位なのか100万円単位なのか、はたまたそれ以上なのかはご想像にお任せします。笑)

 

金額自体は大した額ではないですが、ボーナス全てをビットコインに変えたということに、彼は自己満足感を覚えているとのことです。ただの自己満足です。こうしてブログを書くためのネタにもなりました。一石五鳥ぐらいあります。と言っていました。

 

僕はビットコインを我が娘のように思っています。息子ではありません、娘です。

最近ようやく自分のまわりでも認知が高まってきたなという実感を持っています。

 

これからも娘の成長を支えられるよう、精一杯の努力をしていきたいなと思います。

ビットコインに少しでも興味を持っている方は、ぜひランチや飲みに行きましょう。

うんざりするほど、ビットコインについて語ってあげます。

 

それではまた次回。

 

 

こちらの記事がおもしろかったと思いましたら以下のボタンより寄付をお願いします。

寄付していただくと、代わりに「SHACHIKUCOIN」という僕が発行しているオリジナルの仮想通貨をプレゼントしております。

Donate with IndieSquare

SHACHIKUCOINは、有料ブログやビットコイン&ブロックチェーンセミナーなどで使用することができます。

 

(※記事の中に「ボーナス全てをビットコインに変えた」とありますが、社会人初ボーナスということで、一部を使って母と妹と一緒に小籠包を食べに行ったので、正確にはボーナス全てではありません。許してください。)

【初心者向け】ビットコインの購入方法

ITニュース アルトコイン ビットコイン ブロックチェーン

昨今話題となっているビットコインだが、実際のところどうやって購入するのか、そもそも購入できるものなのか、いやむしろ現物として存在するものなのか、馴染みの無い人にはなかなか分かりづらいものであると思われる。

(逆に馴染みのある人というのはビットコインオタク意外には現状ほとんどいないから安心してもらいたい。笑)

 

そこで今回は、ビットコインって最近話題だしちょっとだけでも買っておきたい!といった人向けに、ビットコインの購入方法を画像付きでイチから説明します。

この記事を読んでその通りに進めればビットコインを購入することができると、自信を持って宣言します。

 

それでは早速、以下を読み進めてください。手順通り進めれば、10分もかからずビットコインを購入することができるでしょう。

 

手順①:取引所に登録しよう

まずはビットコイン購入する前の下準備から始めます。

今回はcoincheckという取引所を利用してビットコインを入手します。

下準備の作業では大きく分けて、取引所への登録、Walletの作成を行います。

下記の画像をクリックすると取引所の登録画面に遷移します。

↓こちらの画像をクリック!日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 すると下記の画像のようなアカウント登録画面が出てくるかと思います。

f:id:tomohiro_tagami:20161226163047p:plain

Facebookで10秒で登録、もしくはメールアドレスパスワードを設定してアカウントを作成ボタンをクリックしてください。

これでアカウントの登録は完了です。

 

手順②:本人確認

アカウントの登録が完了したら下記の画像のような取引所トップ画面が表示されるかと思います。

f:id:tomohiro_tagami:20161226163724p:plain

アカウントの登録が完了し、色々と操作してみたくなるかと思いますが、

あと少しだけお待ちください。

まず何よりも先に、本人確認二段階認証などの設定を行ってください。

ビットコインを扱う上でセキュリティの意識は最も重要になるため、まずは諸々の設定を5分ほどで済ませてしまいましょう!

本人確認

それではまず、本人確認を行っていきたいと思います。

最近はどの取引所でも、この本人確認が必須となっているところがほとんどです。

少しおもしろい作業になりますので、楽しみながら行ってもらえればと思います。

先ほどの画面上部のタグを右側にスライドさせると、設定というタブが出てくるかと思いますので、設定ボタンをクリックしてください。

f:id:tomohiro_tagami:20161226165435p:plain

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:tomohiro_tagami:20161226170113p:plain

すると以下の画像のような設定画面が表示されるかと思うので、画面上部のタブの「本人確認」ボタンをクリックしてください。

f:id:tomohiro_tagami:20161226171307p:plain

クリック後に表示される本人確認画面の全ての項目に入力してください。

入力している途中で、以下の画像のような本人確認書類を提出する項目が出てくるかと思います。

f:id:tomohiro_tagami:20161226171853p:plain

ここから少しおもしろいのですが、画面に記載されている通り、

顔写真付きの身分証明書と本人が一緒に写っている写真を提出してください。

どういうことかと言うとつまり、身分証明書を持って自撮りをしてくださいということです。笑

こちら特に何かに表示されるわけではないので、恥ずかしがらずに写真を用意してください。

その際、以下の点に注意してください。

■本人確認書類として有効なもの(個人の方)

※下記、いずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)
  • 運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は、裏面も提出して下さい)
  • ご本人様が未成年の場合本人確認書類と合わせて、保護者の同意書をご提出ください。

■本人確認書類として有効なもの(法人の方)

※以下すべて

  • 法人名義の口座通帳の表紙の写し
  • 発行から6ヶ月以内の登記簿謄本等の写し
  • 取引責任者(担当取締役相当)個人の免許証またはパスポート等で写真付のもの

”自撮り”が終わり、本人確認が完了したら、次は電話番号認証を設定していきます。

電話番号認証 

画面上部のタブの「電話番号認証」ボタンをクリック後に表示される以下の画像のような画面の項目に記入してください。

f:id:tomohiro_tagami:20161226175754p:plain

最後に、二段階認証設定を行います。 

二段階認証

Google Authenticatorアプリを使って二段階認証設定を行ってください。

アプリは画面に表示されている「iOSアプリAndroidアプリ」リンクからダウンロードすることができます。

f:id:tomohiro_tagami:20161226182849p:plain

アプリがダウンロードできたら、「Setting」ボタンをクリックしてください。

クリック後に表示される以下の画像のような画面に記載されている指示に従って、設定を完了してください。

f:id:tomohiro_tagami:20161226183122p:plain

これで下準備はひとまず完了です。

預金通帳確認などの細かい部分の設定は一旦は必要無いので、おいおい紹介していきたいと思います。

たった、これだけの設定でビットコインを購入する下準備は完了ですので、もしここまでを飛ばして読み進めてしまった方は、是非最初に戻ってセキュリティを設定してください。

これからより一層ビットコインを知っていく上で、上記の設定作業は後々活きてきますので、面倒くさいと思わずに予め設定しておくことを強くオススメします。

 

手順③:ビットコインを購入してみよう(日本円の入金) 

下準備が済んだところで、いよいよ実際にビットコインを購入していきましょう。

取引所トップ画面上部のタブの「入金」ボタンをクリックしてください。 

f:id:tomohiro_tagami:20170101021117p:plain

すると以下の画像のような入金画面が表示されるかと思います。

f:id:tomohiro_tagami:20170101021950p:plain

coincheckでは、おおよそ4つの入金方法に対応しています。

それぞれざっくり説明すると以下のようになります。

今回は「日本円を入金」での入金方法を説明します。

その他の入金方法についてはそれぞれの説明ページをご参照ください。

 

説明と言っても特に何かするわけではありません。

画面に表示されている口座に入金したい分だけ日本円を振り込めばおしまいです。

入金処理が完了次第メールが届き、以下の画像のように画面下部の「日本円入金履歴」に入金額が表示されるかと思います。(処理には数時間〜数日かかる可能性があります)

f:id:tomohiro_tagami:20170101023851p:plain

これで取引所のアカウントに日本円を入金することができました。

この後、いよいよこの日本円でビットコインを購入していきます。

  

手順④:ビットコインを購入してみよう(ビットコインの購入)

お待ちかね、先ほど入金した日本円を使ってビットコインを購入したいと思います。

coincheckでビットコインを購入するには、主に以下の2つの方法があります。

  • 取引所でトレードを成立させる
  • 取引所から直接購入する

それぞれ説明していきます。

取引所でトレードを成立させる

この方法では、実質、取引所内の他の人からビットコインを購入することになります。

取引所トップ画面上部のタブの「取引所」ボタンをクリックしてください。 

 

f:id:tomohiro_tagami:20170122225903p:plain

 表示された画面を下にスクロールしていくと、以下の画像のような画面が出てくるかと思います。

f:id:tomohiro_tagami:20170122230657p:plain

ここでは、ビットコインを買いたい人と売りたい人をマッチングさせ、トレードを成立させることでビットコインを入手します。

以下の画像のように、「注文量」に購入したいビットコインの量を入力すると、「概算」に必要な日本円の額が表示されます。

先ほど入金した日本円の額と照らし合わせながら、購入したいビットコインの量を入力してください。

ビットコインは最小単位が「1」ではないため、以下の画像のように、約5000円分購入したい場合は「0.05」と入力します。

f:id:tomohiro_tagami:20170122231330p:plain

これで売りたい人がいた場合にトレードが成立し、ビットコインを手に入れることができるのです。

取引所から直接購入する

続いて、取引所から直接購入する方法をご紹介します。

以下の画像のように、右上の「メニュー」ボタンをクリックしてください。

f:id:tomohiro_tagami:20170122232312p:plain

すると以下の画像のような画面がスライドして表示されるかと思います。

「コインを買う」をクリックしてください。

f:id:tomohiro_tagami:20170122232549p:plain

すると以下の画像のような「コインを買う」画面が表示されるので、先ほどと同様に、購入したビットコインの量を入力して、「購入する」ボタンをクリックしてください。

※「購入する」ボタンをクリック後はキャンセルできないため注意してください。

f:id:tomohiro_tagami:20170122233324p:plain

これでビットコインを購入することができます。

気づいた人もいるかもしれませんが、取引所から直接購入すると、レートを変更することができません。

これは取引所でトレードされているレートに手数料を加えたレートが自動的に決定されるためになります。

つまり取引所から直接購入する場合は、トレードするよりも多少高い価格で購入することになります。

なので、特に急いで購入する場合を除き、トレードを成立させることでビットコインを購入する方法をオススメします。

 

いかがでしたでしょうか。

以上の手順でビットコインを購入することができます。

 

2008年より登場したビットコインですが、2018年でいよいよ10年目を迎えます。

今なお価格が上昇し続けるビットコインですが、今後もさらにその知名度は普及していくことでしょう。

今のうちにビットコインに慣れ親しんでおくのも悪くないかもしれません。

 

それではまた次回。

 

 

こちらの記事が役に立ったと思いましたら以下のボタンより寄付をお願いします。

寄付していただくと、代わりに「SHACHIKUCOIN」という僕が発行しているオリジナルの仮想通貨をプレゼントしております。

Donate with IndieSquare

SHACHIKUCOINは、有料ブログやビットコイン&ブロックチェーンセミナーなどで使用することができます。

 

 

 

Facebookで「いいね」をたくさんもらう方法

ITニュース

 

LINEやTwitterInstagramなど今や生活の一部と化したSNSですが、その中でも特にFcebookの勢いは未だ衰えませんね。

 

以下は全て2014年の数字です。

 

月間アクティブユーザーは13億5000万人みたいです。

(参照:http://www.adweek.com/socialtimes/3q-2014-earnings/438899

 

日本国内のユーザー数でみても2,400万人みたいです。

(参照:アジア各国の11月Facebook推定ユーザ数(PDF)

 

人口が1億2729万人みたいなので、およそ5人に1人がFacebookを使用している計算になります。笑

そんなことはさておき、「タイムラインが流れてしまって投稿を見逃した!」

なんて経験を、Facebookの友達の数が1000人を超えるような顔の広い方々は頻繁にしてきたのではないでしょうか。

これは誰しもの共通問題なので、これを逆に考えると、自分の投稿も誰かのタイムライン上では流れてしまっているのです。

 

そこで今回は、Facebookの投稿を他人のタイムラインの最上部に表示させ続ける方法をご紹介します。

ごくごく簡単な方法なので、「そんなことかよ」と思うかもしれませんが。笑

 

その方法はこれ、

「自分の投稿へのコメントに対する返信をすぐにしない」

たったこれだけです。

 

 

f:id:tomohiro_tagami:20160612164515p:plain

 

みなさんも一度は目にしたことがあるかと思いますが、↑画像上部の「〇〇さんがこのアイテムにコメントしました。」を表示させることでタイムライン上部に表示させ続けることができます。

 

この文言の表示方法ですが、文字通り自分の投稿に対するコメントに返信することで表示されます。この文言が表示されるのと同時にその投稿がタイムラインの最上部に表示されるため、結果として投稿がタイムラインの最上部に表示されるのです。

 

コメントが来る前提の方法ですが、コメントが1つでも来た場合にはすぐに返信せず、少し待ってから返信してみてください。すると流れてしまった投稿が再びタイムラインの最上部に表示されますので、新たなコメントが来る可能性が高まります。この繰り返しによって長期間の露出を期待することができるのです。

 

SNSは今や広告としての利用も当たり前になっています。この他にもちょっとした方法で露出度を高められる可能性があります。また何か発見したら紹介したいと思います。

 

それではまた次回。

ビットコイン&ブロックチェーンセミナーならTech.Tecにおまかせ

ビットコイン ブロックチェーン アルトコイン ITニュース HP作成依頼

法人・個人様向けに、ビットコイン&ブロックチェーン勉強会・セミナーの開催を承ります。

 

2009年より稼働を始めたビットコインネットワークですが、2016年になりようやくその技術の革新性に社会が気付き始めています。

 

これからの主流となるビットコイン&ブロックチェーンテクノロジーについてわかりやすくご説明いたします。

ビットコインって何!?儲かるの!?」

「最近話題になってるけど、ブロックチェーンって結局どんな技術なの!?」

こういった疑問について、初級編から上級編まで幅広く対応いたします。

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから↓

techtec.tokyo

 

こちら、筆者が運営しているHPになります。

まずはお気軽にご相談ください。

ビットコインに著作権はあるの!?

ビットコイン アルトコイン ブロックチェーン ITニュース
 

”サトシ・ナカモト”を名乗る人物によって開発されたビットコイン

 

ビットコインについて調べているような知識人には周知のことかと思いますが、

ビットコインには管理主体は存在しません。

 

ではビットコインは誰のものなのでしょうか。
ビットコイン著作権はあるのでしょうか。

 

ビットコインは誰のもの!?

 

結論、ビットコイン著作権はありません

なぜならご存知の通り管理する人や組織が存在しないからです。

この著作権フリーの特性を活かしたビジネスもうまくできるのではないでしょうか。

 

そこで特別に今回はビットコインのロゴが無料で使えるサイトをご紹介します。

そのサイトはこちら

→ Promotional graphics - Bitcoin Wiki

こちらのサイトはビットコインWikipediaとも言うべき、様々な情報が掲載されているページとなっています。

 

決済などの金融分野におけるニュースが目立っているビットコインですが、こういったビットコインの特製を活かしたビジネスのニュースも今後は話題になってほしいものです。

この著作権フリーの特性を活かして新たなビジネス機会にチャレンジしてみてください。

こちらの記事が役に立ったと思いましたら以下のボタンより寄付をお願いします。

寄付していただくと、代わりに「SHACHIKUCOIN」という僕が発行しているオリジナルの仮想通貨をプレゼントしております。

Donate with IndieSquare

SHACHIKUCOINは、有料ブログやビットコイン&ブロックチェーンセミナーなどで使用することができます。